関東で婚活パーティーに参加した時の思い出

婚活のコツは釣り合いを考えること

婚活のコツは釣り合いを考えること婚活パーティーで情報分析元カレ・元カノと同じレベルが妥当

関東婚活パーティーに参加しましたが、この時に私はあることを決めていました。
まず、分析が好きな私は婚活に成功する人としない人の違いを考えました。
いろいろなデータをもとに考えてみたところ、単純に婚活に成功する人としない人は相手に対する理想を高く持っているかそれとも高く持っていないかの違いだと感じたのです。
もう少し正確にいえば、相手を見つけるときに自分と比較した場合、果たして釣り合いがとれているかどうかを考えると面白い結果が出てくることがわかります。
客観的に見て釣り合いが取れていないようなカップルはまず成立することはありません。
そのため、自分がいくら理想を高く持っていたとしても自分自身の価値が低いと判断される場合には相手は近寄ってこないことがわかります。
少し抽象度を上げて考えるとわかりますが、相手の立場に立てばわざわざそれほど価値がない人に近づこうと思わないはずです。
私は女性ですが、男性の立場からすれば対して可愛くもなくスタイルもよくない女性にわざわざ男性が近づいてくるわけがありません。
それでいながら、20代前半のような若さがなければ全く勝ち目はないといえます。
ちなみに私のスペックを見ると、年齢は28歳で身長や体重は標準的な女性です。
特別男性が好みそうな見た目をしているわけではありませんが、かといって悪いものではないでしょう。
過去に付き合った男性の数は4人ほどです。
この過去に付きあった男性が非常に重要で、今までどのような男性と付き合ったかによってその後に付き合う男性の質が変わってくると言っても過言ではありません。

一緒に暮らそっ!(婚活)

— ヤドリギ (@yadorigimtuketa) 2019年8月31日